広告郵便を出す会社の間で人気を集めている圧着ハガキの魅力について

ポストに投函

複雑な手続きが必要な広告郵便申請はDM印刷業者に依頼しよう

OPEN

広告郵便物に分類されるダイレクトメールは受け取る側にしてみれば、よほど興味のあるジャンルのもの以外は内容も見ずに捨ててしまうことがほとんどです。ところが圧着ハガキとなると話は別で、中身を隠されているものはついめくりたくなる人間の心理を上手に利用して、封筒や普通ハガキのダイレクトメールよりも開封率、レスポンス率が高いと言われています。ダイレクトメール全般の開封率がおよそ5割前後、圧着ハガキのみだと6割ほどとなり、やはり開封率が高くなっていることが分かります。
これはターゲットを絞ることでさらに開封率を高めることもできますし、受け取る側にとってダイレクトメールは開封しやすいことが大切なのです。
そこで広告宣伝のために企業がダイレクトメールを制作する際は、圧着ハガキを取り入れると良いかと思います。また製作は専門業者に依頼することで短納期で仕上がりますし、コストも抑えることができます。
ただしダイレクトメールが広告郵便物に認定されるには、一定の条件を満たさなければなりません。その申請手続きも複雑で、条件をクリアするのも簡単ではありません。ですがダイレクトメールの印刷・制作業者なら広告郵便発送代行を請け負ってくれますので、手間がかかりません。

広告郵便として定着している圧着ハガキのメリットとは

多くの人の目にふれることが期待できる広告郵便は、広告の手法としていまだに効果的です。その広告郵便でよく使われるのが、ペタリと張り付いた圧着ハガキです。圧着ハガキはさまざまなサービスの広告郵便で利用されていますので、すでにメジャー化している広告郵便のスタイルといっても過言ではありません。圧着ハガキは小さいながらも十分な情報量を盛り込めるとあり、広告郵便として定着しています。
その圧着ハガキですが、広告主として利用するなら専門業者に依頼するのがポピュラーです。専門業者なら圧着ハガキをしっかりと制作してくれますので、仕上がりに不安がありません。きちんとした仕上がりの圧着ハガキにしてくれますから、とても頼もしいのはいうまでもないです。専門業者に依頼することで、恥ずかしくないデキの圧着ハガキを完成させられるのです。その点は圧着ハガキを専門業者に依頼した時のメリットです。また圧着ハガキという広告郵便のスタイルで情報を多くの人に確認してもらえば、その分反響を期待できるのもメリットです。
このようなさまざまなメリットがありますので、圧着ハガキは広告郵便として根強い人気があります。広告の方法を探っているなら、1度は検討しておきたい方法です。

圧着ハガキの広告郵便なら幅広い世代にアピールできる

新商品の情報やキャンペーン情報などのさまざまな情報を顧客に知らせたい場合、圧着ハガキを用いた広告郵便があります。今はネットが普及していますが、電子メールで情報を知らせても残念ながら読んでもらえない可能性があります。それではせっかくメールを送信しても、期待したほどの効果にはならないかもしれません。そこで圧着ハガキの広告郵便に着目です。
電子メールとは違ってきちんと目に見える形で届く圧着ハガキの広告郵便は、内容を確認してもらえる可能性が高いというメリットがあります。圧着ハガキは作成次第で非常に魅力的な広告になりますので、専門業者に依頼したほうがクオリティは高くなります。そうすればもっと興味深く情報の内容を確認してもらえるはずですので、広告効果が高いのは否定できないところです。
圧着ハガキはどこかアナログな広告方法かもしれませんが、だからこそ高齢者世代のようなデジタルにあまりなじみがない世代にも目を通してもらいやすいです。つまり幅広い世代に向けてピールできるのが圧着ハガキの広告郵便ですので、そこに力を入れていく意味は決して小さくありません。圧着ハガキを専門業者に依頼すれば、十分な広告効果を見込むことができるのです。


手間の掛かる広告郵便申請も行っていただける【ユニオン印刷株式会社】で広告郵便を注文してみてはいかがでしょうか!

Update list

TOP